成長ホルモンの分泌を促して、体の内側から若々しくなりましょう! | アンチエイジング・若返りナビ

2017年09月12日更新

成長ホルモンの分泌を促して、体の内側から若々しくなりましょう!

若返りの秘訣とも言えるのが成長ホルモン。その成長ホルモンの分泌を促すためにはいくつかのポイントがあります。成長ホルモンをたくさん出して若返りが期待できる食べ物、ホルモン分泌を促進させる運動などを解説します。外見はもちろんですが、体の内側から若々しくなりましょう!

成長ホルモンの分泌

このコラムで解説していること

  1. 若返りの秘訣!成長ホルモンをたっぷり分泌させる方法は?
  2. 若返りに欠かせない成長ホルモンの働きは?
  3. 成長ホルモン(若返りホルモン)をたっぷり分泌させる方法3つ
  4. 成長ホルモン(若返りホルモン)の分泌を促す食べ物

若返りの秘訣!成長ホルモンをたっぷり分泌させる方法は?

成長ホルモンと聞くと10代の頃に必要で、それ以降は無関係のものだと思っていませんか?
ですが成長ホルモンは別名、若返りホルモンと呼ばれているのです。この成長ホルモン(若返りホルモン)は年齢と共に減少して行ってしまいますが、若返り、逆を言えば老化現象と深く繋がっています。
成長ホルモンを上手に分泌させ、若返るにはどうしたらいいのでしょうか。

若返りに欠かせない成長ホルモンの働きは?

成長ホルモン(若返りホルモン)という言葉を一番聞くのは成長期にあたる、10代の頃ではないでしょうか。身長を伸ばしたり、体を発達させる働きがある成長ホルモンは、10代の頃に分泌量がピークをむかえ、20代以降はどんどん減少して行ってしまいます。
成長ホルモンは、骨や筋肉への働きはもちろん、
●やる気や集中力を保つ働き
●皮膚や粘膜の修復・再生を促す働き
●バストアップの働き
などがあげられます。
そして今回注目したいのが「皮膚や粘膜の修復・再生を促す働き」です。
コラーゲンを増やし、お肌の真皮層の水分を保たせてシワができにくくしたり、お肌の弾力を作ったりしてくれます。
まさに若返りといえる効果ばかり!

逆に、成長ホルモンの分泌がなくなってしまうと
●心臓機能が低下し、血流が悪くなる
●新陳代謝が悪くなる
●肌の潤いがなくなる
ということがあげられます。

残念ながら、成長ホルモンの分泌量は何もしないでいると40歳になると20歳の時の約40%、80歳を超えると5%にまで減ってしまいます。
成長ホルモンを上手に分泌させ、体を内側から若返らせましょう!

成長ホルモン(若返りホルモン)をたっぷり分泌させる方法3つ

では年齢と共に減少していく成長ホルモンはどうしたら分泌量を増やせるのでしょうか。
・睡眠をきちんととる
・空腹にする時間を作る
・運動をする
以上の3つが成長ホルモンを分泌させるのに欠かせないポイントです。

●睡眠をきちんととる

美容の話題には欠かせない睡眠時間。成長ホルモンも、睡眠中に分泌されます。そして一番分泌量が増えるのが睡眠後30分から1時間後のノンレム睡眠の時。深く眠っているときにホルモンは分泌されやすくなるということです。
睡眠不足は肌荒れ、肥満の原因にもなります。
もし今睡眠時間が足りない、睡眠不足だと感じるようでしたら、睡眠時間を確保することを一番とした毎日のスケジュールを立ててみましょう。

●空腹時間を作る

お腹が空いてしまうと集中力が切れたり、力が出ない、と感じる事があるかもしれません。ですが、常に胃の中に何かが入っている状態が続くと、内臓が疲弊してしまいます。
そしてなにより、空腹状態になると成長ホルモンが増量するということがわかっています。空腹になればなるほど、体が状態を良くしようと動き出すのです。
ちょっと小腹が空いたから、とおやつに手を伸ばすのをやめて、空腹状態は成長ホルモン(若返りホルモン)が分泌されているのだと言い聞かせてみましょう。
物を食べるのは食事の時だけにし、お腹が空いた状態も作ってあげるのが大切です。

●運動をする

運動と聞くと苦手意識が出てしまう方、安心してください。成長ホルモンの分泌を促すのはハードな運動ではなく、ゆっくりとした動作で行う運動です。
中でも適しているのがスクワット。
素早く行い回数をこなすのではなく、反動をつけることなくゆっくり数秒掛けて行うスクワットです。
筋肉をしっかり動かすことにより、乳酸が発生します。この乳酸が成長ホルモンの分泌を促してくれるのです。
このスクワットは、10回毎日行うことがポイントです。回数を増やすよりも毎日続けましょう。習慣化させることによって、成長ホルモンの分泌も促進されるのです。

成長ホルモン(若返りホルモン)の分泌を促す食べ物

食事で成長ホルモン(若返りホルモン)の分泌を増やすにはどうしたらいいでしょうか。
アミノ酸の一種である「アルギニン」に成長ホルモンの分泌を促す作用があるとされています。
アルギニンはサプリで補うことも可能ですが、出来る限り食事で摂取した方が好ましいです。

ではアルギニンが含まれている食品をご紹介します。
●大豆を初めとした大豆製品
●鰹節
●玄米
●レーズン
●エビ
●牛乳

がアルギニンの含有率が多い食品です。
アルギニンはそれだけで摂取するよりも、ビタミンC、ビタミンE、やシトルリンを含む食材と合わせてると吸収率が高まります。

バランスを組み合わせた食事、適度な運動で成長ホルモンを分泌させ、若返りを目指しましょう!
どれも難しいものではないので、毎日少しずつ無理なく続けることが大切ですよ。

page top