ボトックス注射で脇の汗ジミ&ニオイをすっきり解消 | アンチエイジング・若返りナビ

2017年12月13日更新

ボトックス注射で脇の汗ジミ&ニオイをすっきり解消

半袖の季節になると、日焼けと共に気になるのが脇のイヤ〜な汗ジミとニオイ!効果的な予防法がないのも悩みのタネですね。
でも、ボトックス注射ならそんな脇汗をパッと改善させることが可能です。ご存知でしたか?

ボトックス注射

今回は、大量の汗やニオイに悩む皆様にお伝えしたい、夏をすっきり過ごすための施術です。
美容整形ではよく名前があがる「ボトックス・ボツリヌストキシン注射」。
この注射は、筋肉の働きを緩める効果があるため、エラやシワの改善やガミースマイルの治療などに使われています。
しかしその他にも、ボトックス・ボツリヌストキシンには、汗やにおいの原因となるエクリン腺やアポクリン腺の働きを弱める効果もあります。
そのため、注射だけの施術にもかかわらず、軽度のワキガや多汗症であればしっかりと症状を抑えてくれるのです。

汗ジミやにおいを気にせず、夏でも涼しげに過ごしたい

夏になると気になる、脇の汗とニオイ。
汗ジミを気にして着る服の色や素材が限られてしまったり、つり革につかまる際に周りが気になったりしてしまいますよね。制汗スプレーや汗ワキパッドなどを駆使して対策している女性も多いことでしょう。
汗はにおいの元にもなり、服の黄ばみの原因にもなりますから、毎日本当に嫌になってしまいます。

本来、多汗症やわきがの治療は手術が必要なものがほとんどです。
臭いや汗の原因を、根こそぎ減らして永久に効果を得たいのでしたら、そちらの施術のほうが良いです。
しかし、メスを入れることに抵抗がある方もたくさんいらっしゃることと思います。

このような「本格的な手術は抵抗があるけれど、もっと手軽に汗やニオイを減らしたい!」と願う方におすすめしたいのが、ボトックス・ボツリヌストキシン注射なのです。

ボトックスで出過ぎる汗を改善!

ボトックス・ボツリヌストキシン注射は、その名前の通り、注射のみの施術です。
脇に限らず、多汗症やニオイにお悩みの部位にボトックス・ボツリヌストキシンを注射します。
すると、薬液が汗腺に働きかけ、施術後2〜3日くらいから汗やニオイが減少し始めます。一週間もすればしっかりと効果があらわれることでしょう。

施術時間は約10分で、傷跡も全く残らず、術後の腫れもほとんどありません。
ただし効果は、個人差はありますが平均して半年〜一年ほどですので、夏だけでもワキ汗を抑えたい、会社や学校を休まず施術を受けたい、といった方に向いているでしょう。

しかし、繰り返し施術を行うことで、通常半年〜一年ほどの効果が段々と長持ちしてくるようになります。
汗腺自体も萎縮してくるので、続けていれば自然に汗ジミやにおいが抑制されていきますよ。

汗をかくのは体質だからしょうがないとあきらめないで

ボトックス・ボツリヌストキシン注射の良いところは、注射ができる場所であればどこでも治療ができることです。
たとえば、緊張で手のひらが汗びっしょりになったり、顔だけ汗が異常に出やすく、大事なシーンでメイクが毎回ドロドロになったりと、汗で困っている部位はありませんか?
そのような多汗症でお悩みの方への施術も可能です。

脇汗だけでなく、ニオイも含めて汗にお悩みの方は実はとても多いです。体質だからと諦めないで、ぜひ治療を受けていただきたく思います。
注射だけで、きっと長年のお悩みから開放されますよ!

page top