目の上のたるみ取り | アンチエイジング・若返りナビ

2018年03月26日更新

目の上のたるみ取り

目の上のたるみ取りとは、たるみ部分の皮膚を切り取り、縫い合わせます。

治療について

目は加齢による影響が最も出やすいパーツ。その原因は、重力の影響で目の周りの筋肉が落ち、皮膚が伸びてしまうことで、化粧品では解決できない“たるみ”を招いてしまうから。目の上のたるみ部分の皮膚を切り取り、縫い合わせます。まぶたの脂肪が厚い方は、皮膚を切除する際に、切開部から脂肪を取ることもできる。

術後の経過とアフターケア

当日から5日間ほどは腫れがでますが、その後は時間とともに消えて落ち着いていきます。術後2日目に消毒、術後7日目に抜糸のための来院が必要です。目の下は皮膚が薄い分、傷の治りもきれいに仕上がるので安心です。
会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の手術をする、柔軟な対応もできます。

術後の経過

症例1:上まぶたたるみ取り手術とタレ目形成(グラマラスライン)を同時に行った40代女性の症例写真

手術前

手術前です。
上まぶたたるみ取り手術とタレ目形成(グラマラスライン)を同時に行うことになりました。
手術直後

目を開けた状態

手術直後です。
上まぶたの手術と下まぶたの手術を同時に行ったので、目の周りがぐるっと一周腫れています。

目を閉じた状態

手術直後の目を閉じた状態です。
目を閉じると、上まぶたの縫合糸が見えます。
1週間後

目を開けた状態

1週間後です。
上まぶた、下まぶた共に、全て糸を抜糸しました。

目を閉じた状態

1週間後の目を閉じた状態です。
傷跡の周囲にわずかに内出血がありますが、これはあと数日で消えます。
3週間後

目を開けた状態

3週間後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだわずかに腫れはあります。

目を閉じた状態

3週間後の目を閉じた状態です。
内出血は完全に引いています。
まだ傷跡の赤みがあります。
2ヶ月後

目を開けた状態

2ヶ月後です。
まだわずかに腫れは残っています。

目を閉じた状態

2ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡の赤みはほぼ引いています。
6ヶ月後

目を開けた状態

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

目を閉じた状態

6ヶ月後の目を閉じた状態です。
傷跡の赤みはほぼ完全に引いています。
切開線の食い込みはだいぶ目立たなくなりました。

症例2:上眼瞼リフト+二重まぶた全切開法に準じた上まぶたたるみ取りを行った症例写真

手術前

手術前です。
上眼瞼リフト+二重まぶた全切開法に準じた上まぶたたるみ取りを同時に行うことになりました。
手術直後

手術直後です。
眉下での皮膚切除、皮下脂肪切除、二重のラインでの皮膚切除、眼窩内脂肪切除、ROOF切除など全てを行ったため、腫れが強く出ています。
手術翌日

手術翌日です。
やはり腫れが強く出ています。
1週間後

1週間後です。
抜糸をしました。
内出血が赤紫色〜黄色く出ています。
この内出血はあと1週間程度で大部分が引きます。
3週間後

3週間後です。
内出血は完全に引いています。
まだわずかな腫れは残っています。
6ヶ月後

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

症例3:二重まぶたミニ切開法+上眼瞼リフト(眉下切開たるみ取り)を同時に行った症例写真の術前術後画像

手術前

目を開けた状態

手術前(目を開けた状態)です。
上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。

目を閉じた状態

手術前(目を閉じた状態)です。

手術直後

目を開けた状態

手術直後(目を開けた状態)です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態

手術直後(目を閉じた状態)です。

7日後

目を開けた状態

7日後(目を開けた状態)です。
抜糸をしました。

目を閉じた状態

抜糸直後(目を閉じた状態)です。

3週間後

目を開けた状態

3週間後(目を開けた状態)です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかに腫れがあります。

目を閉じた状態

3週間後(目を閉じた状態)です。
まだ傷跡の赤みがありますが、必ず引くので心配ありません。

6ヶ月後

目を開けた状態

6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

目を閉じた状態

6ヶ月後(目を閉じた状態)です。
傷跡の赤みは引きました。

症例4:上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)で目を大きくして二重の幅を広げた中国人女性の症例写真の術前術後画像

手術前

手術前です。
眉下の切開で余分な皮膚のたるみを切除する上眼瞼リフトをすることになりました。

手術直後

手術直後です。
麻酔の影響などで強く腫れています。

1週間後

1週間後です。
抜糸をしました。
すでに大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

6ヶ月後です。
完全に腫れは引き、完成しています。

症例5:上眼瞼リフト(眉下切開による上まぶたたるみ取り)の症例写真

手術前

手術前です。
上まぶたのたるみが多いです。
眉下切開で皮膚切除し、上眼瞼リフトすることになりました。

手術直後

手術直後です。
かなりの量の皮膚を切除したので、強く腫れています。

1週間後

1週間後です。
抜糸をしました。
まだ少し腫れとツッパリ感があります。

6ヶ月後

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引きました。
たるみが取れ、すっきりし、もともとあった二重のラインが見えるようになりました。

症例6:上まぶたたるみ取り

手術前

手術前です。
眉下切開で皮膚を切除し、目の印象をあまり変えずに二重の幅を広げることになりました。

1週間後

1週間後です。
抜糸をしました。

2週間後

2週間後です。
まだ少し傷の赤みがあります。

6ヶ月後

メイクなし

6ヶ月後(メイクなし)です。
傷はほとんどわかりません。

メイクあり

6ヶ月後(メイクあり)です。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

症例7:上まぶたたるみ取り

手術前
術前です。
右目のみ上まぶたたるみ取り手術をして、可能な限り左目に近づけることになりました。
手術直後
手術直後です。
麻酔の影響などで腫れています。
1週間後
術後1週間です。
内出血がでたため、腫れが目立っています。
あと1週間ほどで内出血はほぼ消えます。
2ヶ月後
腫れはほぼ引いています。

症例8:上まぶたたるみ取り・上眼瞼リフト

手術前
術前です。
まず右側からすることになりました。
右側手術直後
右側手術直後です。
軽度の腫れがあり、糸が付いています。
右側術後1週間
右側術後1週間です。
抜糸直後です。
右側術後2週間
右側術後2週間です。
だいぶ腫れが引いたので、左側を手術することになりました。
左側手術直後
左側手術直後です。
左側術後2週間
左側術後2週間です。
▼上 メイクなし / 下 メイクあり

左側術後1ヶ月(メイクなし)
左側術後1ヶ月(メイクなし)です。
大きな腫れは引いています。
左側術後1ヶ月(メイクあり)
左側術後1ヶ月(メイクあり)です。

※施術後(After)のメイクあり写真について

女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

page top