医療植毛 | アンチエイジング・若返りナビ

2017年02月15日更新

医療植毛

医療植毛とは薄毛の部分に自分の毛を植えつける技術です。

治療について

生毛植毛は、自分の毛を毛根ごと移植する方法です。頭の両脇部分(側頭部)や後ろの部分(後頭部)の頭髪を毛根ごと採取して、髪の薄い部分に移植します。 単一生毛植毛法は、後頭部から紡錘形に有毛部の皮膚を切りとって、1本から数本の毛根ごとに株分けして、薄毛の部分に植えていく方法です。

移植した毛髪が定着した後は、特別なアフターケアは不要です。自分の他の毛と同様に、普通に洗髪と散髪ができます。人工毛移植のように、移植した毛は伸びないのに、自分の毛は伸びるというギャップで苦労することもありません。

術後の経過とアフターケア

単一生毛植毛法で移植した毛が1〜3ヶ月以内にいったん抜けることがあります。個人差があり、まったく抜けない人もいますが、これはあくまでも毛周期の問題で、抜けても同じ毛根から数ヶ月の休止期を経て、再び新しい毛が生えてきますので、ご安心ください。そして新しく生えた毛は、成長期の毛として2年〜6 年はちゃんと生えています。

単一生毛植毛法は、毛の種となる毛根ごとの移植です。さらに、毛根の下についている毛乳頭も傷つけることなく移植するので、毛髪の発生・成長の源となる毛母も生きています。だから毛が抜けても何度でも繰り返し生えてきます。単一生毛植毛法で移植した毛は、90%以上は定着するという結果が出ています。

術後の経過

症例1:医療植毛 頭髪の植毛
 
 
 
 
 

page top